スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事に終了です。

中学校の事前役員さんたちの体験講習会。

7名さまの講習でしたが、それなりに楽しく、私自身も勉強になる一日でした。
今回は、当日にも参加してくれるインストラクター仲間の一人に来てもらって
2人での対応。

これが、実に有意義。

私が話している合間に彼女が、道工具の仕分けをしてくれる。彼女が一人ずつ
つきっきりになると、私が電気炉の作業をする。自然な流れで要所要所が納まっていく。

419-2


こんなに素敵なペンダントトップが完成して、みんなとても喜んでくれました。

人に教えるのって、才能だと思うのです。数をこなせばいいってものでもない。
私の基本は、何だったのかな?あれこれ発見したり、反省したり。

毎回、大事にならず無事にすむことを望むばかり。今回は、結構考えさせられました。


418-1.jpg


作業に滞りが生じない…凄いなぁ…
私一人では、この流れは作れない。経験豊富な彼女の存在の大きい事。

ありがたかったです。そして、習う手順が、習った講師の先生によって、若干の違いも
あるんだって発見できました。私の先生は、体験会の手順が違うんですよね。

どちらが正解というわけでは、ないのです。

場合によって、どちらもありなんですから…時間内に参加者が、納得してそれなりの作品を
手にして帰るには、何が優先なのか?これは、学んできた講師のモチベーションで、かなり違うのだと
それぞれが、ありなんだと。

私は、多少の甘さが残っても時間で作品を手にして帰ってもらいたい派。
彼女のスタンスは、時間内で終わるのも大切だけれど、とことんやりきってもらいたい派。

同じは、参加した人が「楽しかった」と思って帰ってもらいたい思い。

そうなると仕上がりに先生が一人の参加者につきっきり、他の人まで手が回らなくなってしまう事が
起きて「独占」された人達の行き場が無くなる事。
初めてだから、ここまで…下手だけど、ポイントは私たちが手を出すけれど最後まで、その人が
頑張ってもらいたい。私が頑張った作品を身につけて、帰ってもらいたい。

結果は、それぞれでみんなが納得してくれたから良い。

それでいいんだと思うのだけれど…ぶきっちょでも、ここまで作れちゃう。

その楽しみを味わってもらえたらなぁと…そう思いつつ、やっぱり細部まで綺麗に仕上がった
ペンダントを手に笑顔で帰っていく、お母さんを見送ると(こだわる必要はないんだ。楽しんで
作ってくれたんだもの)と自分のキャパの狭さを恥じずにはいられないと、思ってしまう。

それぞれの考え方で、人に教えて行くのは時として自分を外側から見直す、とても貴重な
機会になるようです。これからも彼女や他の講師の先生の教え方を学んで行きたいと思う私なのでした。

417-1.jpg
スポンサーサイト
金魚
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ちびとらママ

Author:ちびとらママ
アートクレイシルバーと硝子や白磁で,
作品を作っています。
トンボ玉も習っていて、少しずつ銀粘土との
コラボな物作りをしていきたいと思っている、
お母さんですvv
SHOPもありますので 、どうか、よろしく~☆

来た人カウンター☆
最近の記事
最近のコメント
お気に入り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

占い
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。